エラーコード(82001/62001/72001)の原因と対処方法

RemoteMeetingをご利用中にエラーメッセージが表示されることがございます。

エラーコード-82001, 62001, 72001が表示された場合には、次の手順をお試しください。

 

原因および症状

RemoteMeetingを制御しているコントロールサーバの接続に失敗した際に表示されるエラーコードです。

コントロールサーバはMQTTというメッセージング・プロトコルを使用し、リアルタイムで会議室の状況を共有する機能を持っています。
そのため、コントロールサーバに接続していないと会議の開始および参加ができません。

コントロールサーバの情報

  • rccon1.remotemeeting.com (IP : 54.178.182.201 / PORT : TCP 443)
  • rccon2.remotemeeting.com (IP : 54.92.96.206) / PORT : TCP 443)

 

対処方法

RemoteMeetingの製品サイトにある<接続状態チェック>を行ってください。

mceclip0.png

動画ガイド:接続状態の確認方法

コントロールサーバに接続できているか確認してください。

  • ファイアウォール環境でご利用の場合には上記のコントロールサーバ情報を登録してください。
  • セキュリティプログラムによって上記のコントロールサーバが遮断されていないかどうか確認してください。
  • プロキシ環境の場合は接続できないことがあるため接続が可能であるかどうか確認してください。

現在ご利用のネットワーク状態を確認してください。

  • ネットワークがインターネットがご利用できる状態であるかどうか確認してください。
  • ご利用のインターネット網のネットワーク瞬断によりサーバに接続できない場合があります。しばらくしてから再度接続してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています