接続国家(言語)によってラウンジの一覧が異なって表示されます。

RemoteMeetingはグルーバルサービスであるため、英語を基準として提供しています。

但し、日本と韓国の場合はローカライズが適用されており、表示内容に誤差が生じる場合がございます。

 

ホームページの言語

https://www.remotemeeting.com はご利用のブラウザの基本言語設定に合わせて

日本語、韓国語、英語で表示されます。

  • 基本設定が日本語の場合:日本語で表示
  • 基本設定が韓国語の場合:韓国語で表示
  • その他の言語:英語で表示

 

3つの言語のうち、基本設定と異なる言語でご覧になりたい場合は、次の2つの方法をご利用ください。

  1. ドメインに言語コードを追加する

  2.サイトの言語を変更する

   ホームページ下段の言語を選択して変更

mceclip0.png

 

ラウンジ会議室のご案内

ラウンジの会議室は表示言語により一部会議室名とイメージが異なって表示されます。
(該当会議室:1番、2番、10番)

しかし、会議室番号と接続コードは同じであるため、設定言語が異なる場合でも同じ会議室に入室することができます。

各言語別の会議室の順番は次の通りです。

 

  • 日本語で接続した場合(1番:東京、2番:ニューヨーク、10番:ソウル)

mceclip4.png

  • 韓国語で接続した場合(1番:ソウル、2番:ニューヨーク、10番:東京)

mceclip2.png

  • 英語で接続した場合(1番:ニューヨーク、2番:東京、10番:ソウル)

mceclip1.png

 

言語別に異なって表示されるラウンジは、自由に変更することができます。

ラウンジの順序変更は管理者権限を持っているユーザのみ可能です。

管理者ページ > 管理 > テーマ管理:言語追加

1.テーマ管理メニューに移動:修正を選択

mceclip1.png

2.変更を選択し、テーマの名前(会議室の名前)を設定して保存
(全ての言語で変更した会議室名とイメージが適用されます。)

mceclip2.png

3.言語別に異なる設定をしたい場合には、2の手順を完了した後、 [+言語追加] を選択して設定してください。

mceclip3.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています