RemoteMeeitngはお手持ちのデバイス(PC、スマートフォン)でカメラとマイクを正常に使用できる環境であれば、サービスをご利用いただけます。

VMwareまたはVDI環境はご利用の環境ポリシーにより、カメラ/マイクの使用権限が許可されていなかったり、仮想カメラ/マイクとして認識される場合、サービスをご利用いただけない場合がございます。

管理者またはご利用のVDI提供元にお問い合わせいただき、利用環境をご確認ください。

現時点でのVDI環境での措置項目は以下の通りです。(メーカーの公式ホームページ参照)

 

1. XenApp/XenDesktopバージョンが7.16以下の場合

 

2. デバイスのアクセス許可の確認

  • Cirtirx製品の場合、初回のログインでVDIクライアント側のデバイス(USB、CD、カメラ、マイク)のアクセス権限を要求し、ユーザが許可をすれば正常に作動。

VDI.png

 

3. Critrix XenDesktopのWebCam使用ガイド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています