Microsoft Edgeのバージョン制限について

RemoteMeetingはWebRTCという技術をベースとした製品です。

 

Microsoft Edge HTML14よりWebRTC1.0標準に対応することになりましたが、

WebRTC技術で速度と接続安定性を持っている

ブラウザはMicrosoft Edge HTML17となっています。

 

そのためRemoteMeetingをMicrosoft Edge HTML16以下の環境で利用しようとした場合は

Google Chromeをインストールするように案内しています。

 

※Microsoft EdgeのHTMLバージョンを更新するためにはWindows 10を更新する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています