サービスのセキュリティは万全ですか。

はい。安心してご利用いただけます。

 

■通信面

- RemoteMeetingのでやりとりされる全てのデータはHTTPSやTLSなどのセキュリティ接続で送受信されます。また、全てのメディアデータはDTLSにより暗号化されて転送されるので、安心してご利用ください。

- SSL証明書:  SHA256対応

- データ暗号化:AES 256bit対応

 

■弊社のサービスの脆弱性対する取り組み

- 毎年、OWASP Top.10を中心の外部機関から脆弱性監査を実施しています。

 

■WebRTC技術のセキュリティ-インストールと更新の面

一般的なソフトウェアでの課題は、そのアプリケーションが信頼できるかどうかで、ソフトウェアやプラグインのインストールは、潜在的にマルウェアや望ましくないソフトウェアを 入れるとハッキングされる危険性があります。

一方で、WebRTCはプラグインも必要ないし、インストールのプロセスも存在しません。 全てのWebRTCの技術は、WebRTC互換のブラウザ(例えば、ChromeやFirefox)をインストールすることで導入可能です。 もし、ユーザがこれらのブラウザをもっていれば、 WebRTCのアプリケーションを、他のセットアップや、準備無しに利用できます。

つまり、適切なWebRTCアプリケーションを利用するなら、マルウェアやウィルス混入の可能性はありません。

 

 

■クラウドサービスの管理体制

- クラウドサービスの265日24時間監視体制が整っています。

- アクセスログの管理、クラウドサービスへのアクセスIPの管理、アカウント管理体制を設けています。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています