途切れることなく快適なWeb会議を行うヒント

remotemeeting_tip_top_ja.jpg

   01  無線ルーターをリセット


 

電源をつけたまま放置している無線ルーターは、
接続が不安定になってしまう原因のひとつです。

Web会議を始める前に一度、電源を入れ直してみてください。

リセットによって接続が安定し、
Web会議がスムーズになる可能性があります。

Remotemeeting_tip_image_01_ja.jpg

 

 ※ルータ種類によってリセットボタンの位置やリセット方法が異なる場合があります。

 

  02  Webブラウザのウィンドウやタブを閉じる


 

メールやニュース、動画サイト、検索画面など、
複数のウィンドウ(アプリケーション)が開きっぱなしになっていませんか?

ブラウザのウィンドウが多く開いていれば、その分、
リソースが必要になり接続も不安定になってしまいます。

不必要なWebブラウザは閉じてリソースを最小化することで
Web会議もサクサクできるようになります。

Remotemeeting_tip_image_02_ja.jpg

   03  モバイル利用時は事前にネットワーク周りを確認


 

モバイルで接続するときは、次の3つを参考にしてみましょう。

1) Wi-Fiで接続している場合
ルーターにできるだけ近い場所に移動して、Web会議に参加しましょう。
ポケットWi-fiを利用する場合は電波が良く届く場所でご利用ください。
複数の機器を接続せずにRemoteMeetingを行う機器だけ接続することで品質が向上されます。

2) Wi-Fiの通信状態は良好と表示されるが、接続が途切れる場合
4G/LTEに切り替えてみましょう。不安定なWi-Fiよりも4G/LTEのほうが快適です。
※4G/LTEなどでのご利用の倍データ(パケット)通信を行うため、通信キャリア各社にて通信料が発生します。
一定基準のデータ通信量に達したら通信キャリア各社とのご契約プランによる通信速度制限が行われることがあります。

3) 無線ルーターのリセット
つけっぱなしの無線ルーターをリセットすることで安定した接続が可能になります。

Remotemeeting_tip_image_03_ja.jpg

 03-1  スマホを再起動してモバイル環境を万全に


 

スマートフォンも電源をいれっぱなしにしていると、
リソースが不足してしまいます。

再起動を行ってからWeb会議に参加すれば
リソース不足により接続が不安定になるのを防ぐことができます。

  Remotemeeting_tip_image_04-1_ja.jpg

 

Remotemeeting_tip_image_04-2_ja.jpg  
 

             iOS

 

          Android

 

 

①サイドボタンと片方の音量
調節ボタンを同時に長押し
②スライダをドラッグし電源を切る
③サイドボタンをAppleロゴが
表示されるまで長押し

 

①電源ボタンを2~3秒間長押し
②再起動をタップ

 

 

03-2  スマホでWeb会議中に電話!緊急時以外は着信拒否


 

スマホでWeb会議中に電話がかかってきたら?
緊急時以外は着信拒否にしたほうが良いかもしれません。

通話のためにアプリがバックグラウンド状態になると
OSが電源管理のためにアプリを停止することがあります。

Remotemeeting_tip_image_05_ja_.jpg

 

 

以上、Web会議を快適に行う方法をご紹介しました。

ぜひお試しください!

 

この記事は役に立ちましたか?
16人中13人がこの記事が役に立ったと言っています